永代供養とはどのようなものか

###Site Name###

永代供養とはどのようなものでしょうか。

よく、日本のお墓のイメージは、先祖代々のお墓があり、そこに亡くなった人が家族と一緒に入るというイメージです。


この場合には、子孫が先祖代々のお墓を守って、管理していきます。お盆などには、お花などをおそなえし、お墓を掃除したりします。
これが通常のケースであり、一般的に知られているものです。

しかし、中には、孤独で一人のまま亡くなった人もおられます。

信頼性の高いAll Aboutに関するご質問を解決いたします。

その場合には、たとえばお寺さんなどで永代供養を行ってくれることがあります。



永代供養の場合には、お寺さんで管理がされるため、お経などをお盆などにはきちんとあげてもらえる他、お墓などもきちんと管理してもらえます。この永代供養については、事前に、生前に申し込む方法があります。

また、土地全体をほとんど永代の供養のために使うこともあり、一人で寂しいというイメージもあるかもしれませんが永代の供養を望んでいる人は増えているため、ひとりぼっちで寂しいというイメージはあまりありません。



自分の近くには仲間がいるからです。


このように、永代供養は、お墓を管理してもらえ、未来ずっとお墓を維持してもらえる供養の方法です。
そのため、お子さんがいない方にも、とても安心できる供養の方法であり、多くの人に最近では人気があります。

核家族の問題や、一人で生きたいという女性や男性がとても多く増えたため、このような供養方法に人気が高まりつつあります。