自然葬の種類とその特徴

###Site Name###

自然葬という葬儀スタイルが近年増えていますが、どのような特徴があり、どんな方に向いているのでしょうか。

自然葬とは、亡くなった後に、お墓に埋葬せず、海や川、山などに埋葬・散骨をする方法です。
メリットとしては、通常のお墓や葬儀に比べて費用がぐっと抑えられるということでしょう。

その為、葬儀にお金をかけたくない方、代々後を継ぐ方がいない方などに多く支持されています。

人は死んだら自然に還るという考え方が基本ですので、宗教に関係なく行うことができ、また各所のしきたりやルールなどの煩わしさからも解放されるでしょう。



自然葬の種類は様々ありますが、樹木葬や海洋散骨などがメインとなっています。樹木葬は、樹木を墓標のかわりとするもので、市や県の許可を得た土地に埋葬しなければなりません。



自然豊かな山林に埋葬する山林型と、整えられた公園に埋葬する公園型の2つがあり、合葬が基本となります。

宗教上の区別なく行えるところも大きな魅力と言えるでしょう。

散骨は、海や川などに散骨するのが一般的で、初期費用以外はかからないことが殆どです。

ジョルダンニュース!情報を集めたサイトです。

自然の中に埋葬すると言っても、場所の許可や、骨は2㎜以下に粉砕しなければならないなどというきまりがありますので、自然葬を選択する場合は、地域の行政のルールに従い、葬儀の専門家に相談をすることをおススメします。


また、生前に、しっかりと自分の葬儀のスタイルと意向を家族に伝えておくことが必要です。